肉割れの原因と対策

気がつくと、いつの間にかできている肉割れ。

できてしまった肉割れはとても気になります。「肉割れ」とは別名ストレッチマークや妊娠線とも呼ばれ、その原因は妊娠でお腹が大きくなることや、短期間で一気に太る、または急激に痩せることによりできてしまいます。

皮膚は上から表皮・真皮・皮下組織が重なり合って構成されています。

短期間で体重の変化が起こると、伸縮性のある表皮はそれに合わせて変化をしますが、真皮は毛細血管やリンパ管などの組織であるために伸縮性は少なく、無理に引っぱられて裂けてしまいます。

この裂けた傷跡が肉割れとなり、体の部位では太もも、お腹、お尻、腕、胸などに見られます。一度できてしまった肉割れは簡単に治ることはありません。

しかし、時間をかけて目立たなくすることはできます。その方法は肉割れ専用クリームやオイルでマッサージを行い、コラーゲンを含む栄養バランスのよい食事を摂ることで改善されます。

これから肉割れが気になる妊婦さんには、予防クリームでマッサージをすると肉割れを最小限に抑えることが期待できます。

急激な体重の変化は肉割れの原因になりますので、無理なダイエットは控えて健康的な体型を目指しましょう。

詳しくは「肉割れを消す」で紹介されています。


Leave a Reply

Your email address will not be published.